Home > スポンサー広告 > Gargoyle 115 Topper

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

H.TAGYO/BURNS ltd. URL 2011-06-29 (水) 15:33

あのレベルの控えめなアクションでも十分に20メートル底のシーバスに伝わっている事に確信が持てた瞬間です。
魚の探知能力は計り知れないですね。
私の造ったプロトモデルで私の前で魚をキャッチしたのは飯田君以外ではAKI君が初めてです。このような仕事をしていると自分で釣果を出しても中々懐疑心が拭いきれないのですが、第三者が釣果を出してくれると一つの企画が完結したと実感できて、次の企画を考える原動力になるものです。

aki URL 2011-06-29 (水) 16:17

to H.TAGYOさま

先日はとてもいい経験になりました。
風波で水面がざわついててもしっかりと誘ってくれるルアーのポテンシャルを感じました。
これからシーバス誘い出しという新たな釣り方が面白くなりそうです。
また機会があればよろしくお願いします。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://deepbluecraft.blog60.fc2.com/tb.php/360-543ee934
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Deep Blue

Home > スポンサー広告 > Gargoyle 115 Topper

Home > 釣り > Gargoyle 115 Topper

Gargoyle 115 Topper

akiです。

今週は『釣り強化週間!!』と言う事で月曜の夜DeepBlue 3人そろって下流域をせめて来ました。

あまり得意ではない下流域を克服するつもり....。

早速ウェーディングをしてゆっくりと下りながら回遊を待つ

30分後.....。

僕たちは回遊を待っていれる性格じゃ無いって事に気付く

そんなんじゃダメな事は分かっているが転々と移動し結局魚の群れは発見できずTime up(^^i)


火曜は休みなので嫁と買い物へ。

いつものパターンで嫁が買い物してる間、九頭竜に浸かりにいく

熱風が吹く中の入水は気持ちがいい

1時間ほどしましたが捕食音を一回聴いたのみ

帰り際にBURNSのテスターの飛田さんに遭遇!!

釣り談義で色々教えて頂きありがとうございました。


車に戻るとYasu君からTELが!!

BURNSのボス 田行社長さんとシーバスを狙いにいくのでどうですか?

当然、お願いしますという事で沖のTOPシーバスをする事に(^o^)V

何か凄い偶然やなぁと思いながら

Masa君にLpaまで迎えに来てもらってマリーナへ直行!!

田行社長とは初めて合うのでちょっと緊張(^^ゞ

Blogとかの印象ではちょっと怖い人なのかなぁと思っていましたが(すみませんm(_ _)m)

合ってみたらとっても優しくて気さくな人でした。

沖に出るとナブラがちらほら....でもスルー......。

Yasu船長は大雨が迫っている事をさとってシーバスに的を絞っていた。

到着すると田行社長からテスト中の『Gargoyle 115 Topper』を手渡された(@_@)

僕たちにもテストに参加させてくれるというのだ!!

Masaと2人でテンションMAX


P6280046.jpg

P6280049.jpg
(B師匠の所で散髪したて!!)


水深が15~20mの浅場でドックウォーク&ダイブで誘い出す。

テール重心なので飛距離もGood!!

きびきびした動きで心地よく引いて来れる。

風波でアピールが弱いかなと思いましたが数投後に追尾してくる魚影が見えた。

これで魚にはしっかりアピール出来ている事がわかった。

後はこちら側の問題で、どのスピードや強さで口を使うかを見極める

いろいろ試していると先ほどより少し早めのスピードで反応が


どっかん!!

わっ...乗らない

そのまま続けてドックウォーク

ばしゃ!

もう一発

がっん!!!

完全にスイッチが入って追い食い3連発でHit~~!!


何故か緊張して顔が引きつりながらのファイト(笑)

川とは違い下にゴンゴン突っ込む

ふと気付くとYasu船長がニタニタ
(強いプレッシャーを与えてくる)

よりいっそう顔が引きつる

ようやく魚が浮いて来てMasaにラインディングしてもらう

顔を見るとやっぱり引きつっていた(笑)


P6280053.jpg

P6280054.jpg

その後、風が強くなり雨雲がそこまで来ていたので終了となりました。

一時間ほどの釣行でしたがいい経験が出来ました。

これからのシーズンおかっぱりからでもシーバスのTOPの誘い出しが出来るみたいなので非常に楽しみです。

田行社長、Yasu船長ありがとうございました。
関連記事

Comments:2

H.TAGYO/BURNS ltd. URL 2011-06-29 (水) 15:33

あのレベルの控えめなアクションでも十分に20メートル底のシーバスに伝わっている事に確信が持てた瞬間です。
魚の探知能力は計り知れないですね。
私の造ったプロトモデルで私の前で魚をキャッチしたのは飯田君以外ではAKI君が初めてです。このような仕事をしていると自分で釣果を出しても中々懐疑心が拭いきれないのですが、第三者が釣果を出してくれると一つの企画が完結したと実感できて、次の企画を考える原動力になるものです。

aki URL 2011-06-29 (水) 16:17

to H.TAGYOさま

先日はとてもいい経験になりました。
風波で水面がざわついててもしっかりと誘ってくれるルアーのポテンシャルを感じました。
これからシーバス誘い出しという新たな釣り方が面白くなりそうです。
また機会があればよろしくお願いします。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://deepbluecraft.blog60.fc2.com/tb.php/360-543ee934
Listed below are links to weblogs that reference
Gargoyle 115 Topper from Deep Blue

Home > 釣り > Gargoyle 115 Topper

FC2カウンター
others














Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。